Trying Dog Shows

 

​世界のドッグショーへのチャレンジ

●世界のドッグショーへのチャレンジ

■狂犬病のある国から子犬を輸入する場合、日本の犬の検疫のために、生後10か月~11か月までの係留期間があります。その間に、海外のドッグショーにチャレンジすることができます。

■生後11か月までのあいだに、ヨーロッパで購入した子犬をジュニアチャンピオンにして日本に輸送することができます。

■成犬の場合でも、最短で、6か月~7か月の期間が必要ですから、そのあいだに、海外のドッグショーにチャレンジすることができます。

■ヨーロッパで購入した子犬を、約2歳半までヨーロッパで飼育して、3か国4カ所の違うジャッジのドッグショーでCACIBを取得して、インターナショナルチャンピオンにすることもできます。

 

■ヨーロッパで購入した子犬を、約3歳までヨーロッパで飼育して、5か国以上の違うジャッジのドッグショーでCACIBを取得し、マルチチャンピオンにして日本に輸送することも可能です。

■犬を購入したブリーダーに依頼して海外のドッグショーにチャレンジする場合と、プロのハンドラーに依頼する場合があります。

■狂犬病のない国の、オーストラリア、ニュージーランドでのドッグショーチャレンジも可能です。

■日本の犬たちを海外に送って、ドッグショーにチャレンジすることも可能です。

■Crufts, Westminster, World dog show, Euro dog show, そのほか、様々なドッグショーにチャレンジできます。

​CONTACT US

 Address. 東京都 練馬区 中村北 1-11-3-317

Phone. 050-3703-7773

© 2019 created by Joel