Address. 東京都 練馬区 中村北 1-11-3-317

Tel. 03-3577-7877

© 2019 created by Joel

●犬の輸入の際の検疫について

■狂犬病のある国の場合

★1回目の狂犬病ワクチン接種

★2回目の狂犬病ワクチン接種

★血液検査

★180日間の係留

★子犬の場合、最短で、生後10か月~11か月で日本に輸送できます。

■狂犬病のない国場合

★狂犬病ワクチン接種は必要ありません。

★最短で、生後3か月~4か月で日本に輸送することができます。

●犬の輸出の際の検疫について

■国によって検疫の法律が違います。

■狂犬病ある多くの国の場合、日本国内で狂犬病ワクチン接種を行い、2週間~1か月の係留のあと、それぞれの国に輸送することができます。

​■狂犬病のない、オーストラリア、ニュージーランドへの輸出の場合は、狂犬病ワクチン接種後、血液検査が必要です。